counter

北島三郎と7人の歌手がレコード会社の枠を超えデュエット曲を発売へ


・北島三郎、レーベルの垣根越え7人の演歌歌手と異例デュエット 紅白も「行きましょう!」 スポーツ報知
・北島三郎 後輩7人とデュエット デイリースポーツ
・紅白凱旋あるぞ!サブちゃん“演歌界の神7”と越境デュエット スポニチ
・北島三郎、デュエット7曲発売で紅白!?「行きましょう!」 サンスポ
・北島三郎が芸道55周年、歌手7人とデュエット挑戦 日刊スポーツ
・北島三郎、7人とデュエット 会社の垣根越えた挑戦 日刊スポーツ
・北島三郎“演歌復興”へレーベルの壁越えた「7人とデュエット」CD 東スポ
・サブちゃん デュエット7作同時発売 大月みやこら7人と豪華コラボ 中日スポーツ
・北島三郎、紅白復帰に色気?「行きましょう!」 オリコン
・吉幾三、当日曲変更の北島は…コワい人 日テレNEWS24
・北島三郎、7人とデュエット。「仲間と何かやりたいという夢があった」 BARKS

芸道55周年企画の一つとして、北島三郎が
他のレコード会社の演歌歌手と新作デュエットを歌う企画。
いずれもオリジナル書き下ろしの作品で、
作曲はすべて北島三郎(原譲二名義)が担当。

デュエット相手は、各レコード会社を代表する演歌歌手一人が選ばれており、
大月みやこ、大川栄策、吉幾三、藤あや子、坂本冬美、島津亜矢、三山ひろしの7人。
それぞれ、男同士の友情であったり、歳月を重ねた夫婦であったり、親子であったりと
さまざまな二人の関係性を演じて歌っています。
5月18日に各社からシングル7作が同時発売。

記者発表には、スケジュールの都合で来られなかった
島津亜矢を除く6人と北島三郎が出席。
北島三郎は「これが第1弾で、第2弾、第3弾もあるかもしれない」と語ったようです。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る