counter

2016年 演歌・歌謡界の重大ニュースとは…?


演歌・歌謡界の2016年の主な出来事を振り返ってみます。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【新人歌手】

今年デビューした新人歌手は…。

三丘翔太。作曲家・水森英夫氏の門下。小柄な体に蝶ネクタイがトレードマーク。
キャンペーンでは「お品書き」と称した曲目リストを掲示し、
懐かしい昭和歌謡をリクエストに応えて歌います。
「翔太のお品書き」三丘翔太

羽山みずき。クラウン新人オーディションで優勝しデビュー。
出羽三山神社で巫女を務めていたという経歴の持ち主。
初々しく、まっすぐ全力で歌う姿が印象的です。
羽山みずき「紅花慕情」

村木弾。作曲家・船村徹氏の弟子。
muraki_dan640-640

小笠原あいみが、並行して「江戸小町」という別名義でデビュー。
http://ameblo.jp/edokomachiblog/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【市川由紀乃、紅白歌合戦に初出場】

2015年の紅白では、一部スポーツ紙で「出場内定」と報道されたものの、涙を飲みました。
今年は「心かさねて」がロングヒットし、念願の初出場が決定。
NHKの記者会見会場にも出席し、晴れやかな表情を見せていました。
心かさねて 秋の感謝盤/市川由紀乃

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【所属事務所・レコード会社移籍】

黒木憲ジュニア、テイチク移籍とともに黒木じゅんと改名。
kuroki_jun

丘みどり、キングレコードへ移籍。NHKをはじめ、数々の歌番組へ多数出演し、攻勢をかける。
霧の川/丘みどり

川上大輔、日本クラウンへ移籍。

野村未奈、2017年より「野村美奈」と改名することを発表。
chikumagawa_summer

小沢亜貴子、11月末で事務所からの退所を発表。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【結婚・交際】

三山ひろし、紅白初出場直後に、既に結婚して2児の父であることを公表。
お相手は師匠である松前ひろ子の次女。
「四万十川」秋盤/三山ひろし

歌恋(活動休止中)、結婚。その後出産も。
karen320

山本みゆき、結婚を発表。その後、妊娠を発表。
yamamoto_miyuki_haginotsuki

冠二郎、31歳年下女性・みなこさんと結婚。
冠二郎全曲集

上杉香緒里、妊娠を発表。11月に出産。
手鏡/上杉香緒里

谷本知美(活動休止中)、レコード会社社員(?)と結婚。

民謡歌手・小田代直子が結婚。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【病気・ケガ】

おおい大輔、腸に穴が空く病気で入院・大手術。

佐々木新一、9月以降に予定されていたイベント出演等を突然取りやめ。
病気になったのではと心配されていましたが、12月に
2017年2月発売の新曲を公開レコーディング。6月に胃がんと診断され、
8月に手術を受けていたことを公表。抗がん剤で闘病中とのこと。
佐々木新一/祖谷のかずら橋

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他特筆すべきニュース(順不同)】

五木ひろしが先生となって歌謡曲について教える
NHK「五木先生の歌う!SHOW学校」がレギュラー番組化。

八代亜紀、フジロックフェスティバルに出演。

北島三郎の愛馬キタサンブラックが天皇賞(5月)、ジャパンカップ(11月)で勝利。
昨年の菊花賞に続き、G1レース通算3勝。
「まつり」のサビを、歌詞を変えて歌いました。

細川たかし、カツラ疑惑に自らふれ、地毛であることを力説。
その後、テレビで検証までされました(笑)。
hosokawa_takashi320

11月末、日本クラウン&徳間ジャパンコミュニケーションズが
これまでの渋谷から、品川のオフィスビルへ移転。
親会社である第一興商のより近くに。最寄り駅は五反田。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【残念な出来事】

演歌歌手キャンペーンの名所、東京・巣鴨の
CDショップ後藤楽器が11月で閉店。

細川たかし、紅白歌合戦からの卒業を発表。

文化放送「走れ!歌謡曲」のパーソナリティ、小池可奈が番組を卒業。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【おくやみ】

作詞家・下地亜記子氏、死去。

作詞家・三浦康照氏、死去。

BSN新潟放送で長年ワイド番組「ミュージックポスト」のパーソナリティを務め、
多くの演歌歌手と交流のあった大倉修吾氏が死去。

関連記事

関連記事

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る