counter

品川音頭が39年ぶりに新バージョンに 岩本公水が都はるみから受け継ぎ歌唱


・岩本公水、都はるみの「品川音頭」リニューアル発売 日刊スポーツ
・岩本公水、都はるみの『品川音頭』をリニューアルして歌唱! サンスポ

・品川区 公式サイト 「品川音頭2017 完成記者発表会」

長年親しまれてきた「品川音頭」。
オリジナルは都はるみの歌唱で昭和53年に制定されたもの。
今回、岩本公水が歌唱を担当した「品川音頭2017」が誕生。

オリジナルの品川音頭は、公募で選ばれた歌詞(作詞:小磯清明氏)に
作詞家の故・石本美由起氏が補作詞したもの。作曲は巨匠・服部良一氏。
歌詞の4番に、品川、大井、荏原(えばら)、大崎
という地名が続けて出てきます。(3番には戸越公園も)
制定以来、区民に愛され、親しまれている音頭です。

今回、石本氏遺族の了解を得て、海沼実氏が補作詞し、新たに「八潮」の地名を加えたとのこと。
まだ聴くことができませんが、メロディーは決まっているのに
一語付け足すという難題を、どうやって解決したのでしょうか…!?

(追記)
→ 4番の歌詞のうち、もともと別の語句だった部分を、八潮の地名に置き換えたようです。

・品川区 公式サイト
「品川音頭2017CDを平成29年8月1日から有料頒布します」 ※新しい品川音頭の歌詞あり
・広報しながわ 2017年7月1日号 (PDFファイル) ※新しい品川音頭の歌詞あり

「八潮」とは、品川区八潮(1丁目~5丁目)。
浜松町駅からモノレールに乗って羽田空港へ向かう時、
天王洲アイル~大井競馬場の区間で、運河を挟んだ左側に見える
団地(八潮パークタウン)がある辺り。
埋立によってできた土地で、品川音頭が誕生した時には
まだ地名として存在していませんでした。
お台場の「船の科学館」辺りも品川区に属し、「東八潮」という地名になっています。

品川区は大きく
品川地区、大井地区、荏原地区、大崎地区、そして八潮地区
5つに分けられるのだそうです。
他にもこまかい地名はあれど、上記のいずれかに属するのですね。

CDは、8月1日より品川区役所、区内の各地域センターにて、500円で有料頒布開始。
一般発売はされません。

・岩本公水ブログ 「品川音頭」(2017/07/12)

・八潮 (品川区)-Wikipedia
・品川区の町名-Wikipedia

・品川区 公式サイト 「品川音頭」 ※オリジナル版 品川音頭の歌詞あり

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る