counter

作詞家・仁井谷俊也氏 死去


・作詞家の仁井谷俊也氏死去 北島三郎さんの「橋」など (産経ニュース)
・作詞家の仁井谷俊也さん死去 北島三郎さんの「橋」など (朝日新聞)

・作詞家の仁井谷俊也さん死去 69歳「面影の都」「島根恋旅」 スポニチ

(追記)--------------
※スポニチの記事を追加しました。氷川きよしと水森かおりのコメントが紹介されています。
 ただこれ以外の報道記事はなく、仁井谷氏の死去に関してブログでふれている歌手も少ないです。
 最新曲として仁井谷氏の作品を歌っている歌手もいるのに。
 まるで意識してその話題を避けているようで、かえって不自然に感じるほどです。
 とはいえ考え過ぎかもしれませんし、勝手な想像ですが、大ゴトにしてしまうことで
 せっかく頑張っている歌手の気持ちを削がないように、という故人の意思なのかもしれません…。
(追記ここまで)----------

10月2日に死去していたとのこと。
葬儀・告別式は既に近親者で執り行ったそうです。

現在の演歌シーンの最前線で、多数の歌手に新曲を提供し
ヒットを生み出し続ける、人気の作詞家でした。

代表作は北島三郎「橋」、長山洋子「蜩-ひぐらし-」、
氷川きよし「星空の秋子」「ちょいと気まぐれ渡り鳥」、
水森かおり「安芸の宮島」「島根恋旅」など。

平成26年には「ちょいときまぐれ渡り鳥」(歌唱:氷川きよし)で
第47回 日本作詩大賞を受賞しています。

今年リリースされた新曲でも、
丘みどり「佐渡の夕笛」、椎名佐千子「ソーラン鴎唄」、福田こうへい「道ひとすじ」など多数。

69歳。今年になって、わりと唐突に
頭全体がキレイな白髪というかロマンスグレーになっている写真を見て
イメージチェンジしたのかと驚いた覚えがあります。
精力的に活動されていただけに、あまりに突然の訃報に、驚くばかりです。
数々の功績を称えるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

・仁井谷俊也氏 公式サイト(作品一覧など)
 http://www.t-niitani.jp/

・歌ネット:言葉の達人/仁井谷俊也さん(インタビュー)
 https://www.uta-net.com/user/sakushika/01_100/65.html

・藤原浩ブログ 「訃報です」 (2017/10/05)
・小桜舞子ブログ 「作詞家の仁井谷俊也先生。」 (2017/10/07)
・椎名佐千子ブログ 「さみしいです。」 (2017/10/07)

関連記事

最近の投稿

houkoudouのツイート

ページ上部へ戻る