counter

2人の坂本冬美!?と森山愛子がタワレコ渋谷でイベント


・坂本冬美、公認モノマネ“冬休み”とライブで共演 スポーツ報知
・坂本冬美×坂本冬休み、初コラボ唱 モノマネ公認?「大笑いした」 デイリースポーツ
・坂本冬美 そっくり冬休みに“感心”「後からビデオを見ると…」 スポニチ
・坂本冬美、坂本冬休みに代理営業を提案「遠目だったら分からない」 サンスポ
・坂本冬美ニンマリ、坂本冬休みにお願い「私がもし倒れたら代役で」 サンスポ
・「坂本冬休み」が乱入し、本家冬美が影武者お墨付き 日刊スポーツ
・坂本冬美 自身のものまね芸人・冬休みにダメ出し 東スポ
・坂本冬美 物まね芸人と共演する“器の大きさ” 東スポ
・坂本冬美、物まね芸人“坂本冬休み”に代役オファー「遠目ならわからない」 オリコン

タワーレコード渋谷の地下1階にあるイベントスペースにて。
10月25日発売の坂本冬美の新アルバム『ENKA II~哀歌~』のPRおよび
森山愛子の新曲「会津追分」(9月27日発売)の発売記念イベント。

「会津追分」は、どっしりとした本格演歌です。
ばっさり切って短くなった髪型も新鮮。

坂本冬美公認のものまねタレント、坂本冬休みが登場し、
さまざまなモノマネを披露して会場を沸かせていました。
モノマネを認めてくれている(=そのおかげで仕事ができている)坂本冬美に対して
リスペクトが強すぎるのか、終始腰が低くマジメなコメント。

3人で振り付けを合わせつつ「夜桜お七」も披露。これまで、坂本冬美のショーの合間に
ゲストとして森山愛子が歌うことはあったと思いますが、
2人がステージ上で「一緒に歌った」のは、おそらく初めてだと思われます。

イベント終了後には、大変珍しく、坂本冬美も加わった
ファンとのチェキ(インスタント写真)撮影会が行われたそうで
(つまり坂本・森山・ファンの3ショット)
その参加条件は、森山愛子の新曲CDの購入だったようです。
坂本冬美のアルバムはまだ発売前だったため、ということもあると思いますが
冬美さんがCD販促がらみでファンとの撮影会を実施することなど
これまでなかったのではないでしょうか。
所属事務所のかわいい後輩であり、レコード会社も同じだからこそ
冬美さんがひと肌脱いだ、という形だと思います。

少し距離を置いて成長を見守ることも大事ですが、今はもう
ベテランと呼ばれる歌手は、もうなりふり構わず、コネでもバーターでもよいので
あらゆる手段を使って後輩歌手をメディアに出していくべき時代だと思います。
細川たかしが、積極的にバラエティー番組に出演しつつ
弟子である杜このみにも、自分をネタにしたトークをさせることで
出演機会を与えているように。

・森山愛子ブログ 「冬美さん…冬休みさん。」 (2017/10/09)
・坂本冬休みブログ 「特別な日です・最高な日でした」 (2017/10/09)

「会津追分」森山愛子
『ENKA II~哀歌~』坂本冬美

関連記事

関連記事

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る