counter

平成29年度 クラウンヒット賞贈呈式


・北島三郎、葛西紀明は「やっぱりレジェンドですよね、素晴らしい」 スポーツ報知
・北島三郎 レジェンド葛西紀明へエール、ともに道民栄誉賞「何歳になってもできる」 デイリースポーツ
・サブちゃん 同郷葛西にエール「この年でもやれるんだと世界に示して」 スポニチ
・北島三郎 日本クラウンヒット賞4冠も謙虚「全然完成しない」 スポニチ
・サブちゃん興奮!ジャンプ葛西の予選突破に「さすがレジェンド」 サンスポ
・北島三郎、五輪選手団エール「日本人魂で頑張って」 日刊スポーツ
・北島三郎ヒット賞4冠「宝物と考えて歌ってきたい」 日刊スポーツ
・サブちゃん、葛西に喝采 歌謡界から五輪のレジェンドへ 中日スポーツ
・北島三郎 スキージャンプ葛西を絶賛「やっぱりレジェンドです」 東スポ
・北島三郎、歌手生活56年も「まだ完成していない」 オリコン

クラウンヒット賞は、今回が第54回。
日本のレコード会社で、長年にわたって自社の歌手を毎年
こうやってきちんと表彰し続けているのは、日本クラウンだけ。
歌手は、頑張っても評価されることは少ないので
とても励みになるものなのです。

2016年秋~2017年夏にかけて発売された作品が対象となります。
敢闘賞も受賞できなかった歌手は、作品を発売していながら
売上枚数が伸びなかった、ということになります。
十分なキャンペーン活動が出来なかった、など
様々な理由があると思いますが、また今年頑張っていただきたいです。

この贈呈式&懇親会の会場は、同じレコード会社であっても
なかなか顔を合わせることの少ない歌手同士、あるいは作家・関係者同士が
一堂に会する貴重な機会でもあります。

※主要賞のみ、演歌・歌謡のみ抜粋

<シングルヒット賞>
北島三郎(3作)、戸川よし乃、花咲ゆき美、瀬口侑希、真木ことみ、中澤卓也、三山ひろし、
美川憲一、鳥羽一郎、北川大介、川野夏美、純烈、川上大輔、たくみ稜、寺本圭佑、キム・ヨンジャ、和田青児、ハン・ジナ
<敢闘賞>
西田あい、渡辺要、野村美菜、津吹みゆ、竹川美子、知里、新川めぐみ、千葉げん太、大江裕
<新人賞>
中澤卓也

今回、マスコミの囲み取材の対象となったのは、北島三郎と
いま注目のシンガー・ソングライター、半崎美子(はんざきよしこ)の2人。

半崎美子は、優しさにあふれた眼差しで綴られた歌が感動を呼んでいます。
生のステージを見る機会がありましたが
ボーカリストとしてもすごい人なのだと実感しました。

関連記事

houkoudouのツイート

ページ上部へ戻る