counter

杜このみ 三越劇場で雛祭りコンサート開催


・杜このみが雛祭りコンサート 師匠・細川たかしのヒット曲メドレー披露 スポーツ報知
・杜このみ ブーム起こす!! デイリースポーツ
・札幌出身の杜このみ カー娘「そだねー」より「したっけねー」派 スポニチ
・師匠から“厳命”!杜このみ、細川たかしの曲を歌詞間違わずに熱唱 サンスポ
・杜このみが授かった“常習犯”細川たかしからの助言 日刊スポーツ
・杜このみ、ひな祭りライブ 師匠細川たかし曲歌唱 日刊スポーツ
・杜このみ「そだねー」使わない!? 3・3 このみの雛祭りコンサート 中日スポーツ
・杜このみ 師匠・細川たかしの名曲に挑戦 日テレNEWS24

3月3日午後3時開演、三越劇場で杜この「み」が歌う!ということで
ひな祭りの日に「3」づくしのコンサート。

「邦楽レディース」と共に出演。邦楽レディースは、日本橋三井ホールで行った
ファーストコンサートの時に出演した、女性ばかりの邦楽楽器の演奏者の総称。
ちなみに名付け親はその時司会をしていた徳光和夫さん。

この日の邦楽レデイースのメンバーは、
<津軽三味線>土生みさお、田中志穂、小山貢理乃(みつりの)
<尺八>樋口景山(けいざん)
<和太鼓>奈々星(ななせ)
いずれも若手の演奏家で、伝統を継承しつつ
さまざまな新しい形で邦楽を広めていこうとしている実力派です。

舞台には金屏風やぼんぼり、桃の花が設置され、杜このみを含め
和服の女性が計6人揃った様子は華やかで、まさに大きなひな壇のようでした。
三越劇場は、キャパが500人ちょっとのこじんまりとした会場で
観客との距離感も近かったと思います。

第一部が民謡、第二部が歌謡曲、という曲構成。
師匠・細川たかしのヒット曲を1コーラスずつメドレーで披露したり、
春らしい黄色いワンピースでの歌唱も。

驚いたのは… 終盤で、なんと「風雪ながれ旅」(北島三郎)を歌ったこと。

ご存知の方はご存知、この歌は
盲目の津軽三味線奏者・高橋竹山さんの生涯をモデルに星野哲郎氏が作詞したもの。
この日の舞台には、三人の津軽三味線奏者がおり、
イントロ部のアレンジは土生みさお自身が手がけたそうです。
杜このみの出身地である北海道の地名も歌い込まれているうえ、
北島三郎は同じ北海道出身でもあります。
この曲を選んだことに、名曲へのリスペクトとチャレンジ魂を強く感じました。
女性歌手がこの歌をカバーするのをライブで聴いたのは
たぶん私は初めてでしたので、驚きました。
(『BS日本のうた』あたりで誰か歌ったことがあるとは思いますが)

メドレーで歌った細川たかしの曲がいずれも親しみやすい曲だったのに対し
(もちろん、以前披露した「望郷じょんから」は難度マックスですが)
「風雪ながれ旅」を歌うのは、彼女にとって大きな挑戦だったに違いありません。

※追記 テイチクのYouTubeで、公開リハーサルの模様が公開されました。
 本番中の舞台裏も少し映っています。

「くちなし雨情/函館夜景」(ホワイト盤)杜このみ
「くちなし雨情/函館夜景」(ピンク盤・DVD付)杜このみ

関連記事

houkoudouのツイート

ページ上部へ戻る