真田ナオキ レコ大で最優秀新人賞を受賞

恵比寿/真田ナオキ

・真田ナオキがレコード大賞最優秀新人賞 吉幾三の弟子 「恵比寿」がロングヒット スポーツ報知
・レコ大・最優秀新人賞 真田ナオキ…日本酒でうがい、小学生時代は野球日本選抜 デイリースポーツ
・真田ナオキ 涙の新人賞 手に入れた“魅惑のしゃがれボイス”報われた デイリースポーツ
・レコ大最優秀新人賞は真田ナオキ 「最高の凄く特別な1年」 名付け親は吉幾三 スポニチ
・レコ大・最優秀新人賞は真田ナオキ「笑って一年を終わらせられそうです」 サンスポ
・「恵比寿」ヒット真田ナオキ、レコ大・最優秀新人賞 日刊スポーツ
・【レコ大】ハスキーボイスの真田ナオキが最優秀新人賞! 東スポ
・喉潰し9年真田ナオキの最優秀新人賞ぶち壊した愚行 日刊スポーツ

「第62回 輝く!日本レコード大賞」で、真田ナオキが最優秀新人賞を受賞。おめでとうございます!
2016年にインディーズレーベルからデビュー。当時から、吉幾三が師匠であることと、そのハスキーボイスを前面に押し出していました。デビュー作「れい子」は吉幾三が書いた作品です。

その後、テイチクエンタテインメントに移籍(2019年)し、2020年1月22日にメジャー第1弾「恵比寿」をリリース。
レコ大における「新人」の定義とは?と素朴な疑問が残るところではありますが、インディーズ時代はカウントしないのでしょう。
「♪惚れちまったの俺」という、インパクトの強いフレーズがあのハスキーボイスと笑顔で歌われると、もう耳から離れません。

まったく個人的な感覚に過ぎませんが、コロナ禍で「うたコン」「新BS日本のうた」「ごごウタ」等の放送回数が実質的に減った状況下において、それでも私がいちばん耳にし、印象に残った新曲の一つがこの「恵比寿」でした。

関連記事

ページ上部へ戻る