counter

弦哲也氏が「アイドルマスター シンデレラガールズ」に曲を提供 「ガチ演歌」作曲家の参戦にファン騒然

弦哲也

作曲家 弦哲也の世界

※筆者はソシャゲに限らずパズル系ゲームも一切やらない人間ですので、アイマス・デレマスについては「たくさんアイドルが出てくる育成ゲーム」「イラストがどれもすごくかわいい」程度の知識しかなく、まったく詳しくありませんので、状況説明に留めます。間違った言葉遣いや、見当違いの記述があったらご指摘ください。

・アイドルマスター シンデレラガールズ – Wikipedia
 
 

演歌に詳しくなくても分かる「ビッグネーム」

3月9日、「アイドルマスター シンデレラガールズ」(略称:デレマス)シリーズのCDを発売している日本コロムビアのサイトで、新たに3人のキャラクターのソロ曲が4月に発売されることが発表されました。

・THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 049-051
 関裕美・三船美優・村上巴(2018年4月4日発売)

その中の一人、村上巴(むらかみ ともえ)というキャラが歌う「おんなの道は星の道」という楽曲の作家陣が「ガチ演歌」であることに、デレマスのファンは騒然。
そこにはなんと、作曲:弦哲也 編曲:南郷達也 という、演歌ファンにとってはあまりになじみの深すぎる、超メジャーな作家の名前が記されていたのです。

演歌の代名詞ともいえる「天城越え」の作曲者で、日本作曲家協会の会長。それだけで、演歌になじみのない人にとってもビッグネームだと分かる存在。そんな弦哲也氏が、これまで縁のなかったアイドルゲームに楽曲を提供するのです!
(補足すると、作詞の田村武也氏は、弦哲也氏の息子さんです)
 
 

村上巴とは? 担当声優の花井美春とは?

さて、村上巴さんとはどういうキャラクターなのでしょうか?

・アイドルマスター シンデレラガールズ 村上巴 – Wikipedia

「アイドルマスター シンデレラガールズ」に登場するアイドルの一人、村上巴さんは、赤髪と和風な衣装が特徴的な、広島出身の13歳という設定。広島弁でしゃべるうえ、実家の家業(笑)のせいかやたらと義理と人情に厚く、また古風な言い回しが多いらしく、岩下志麻さんやかたせ梨乃さんや夏目雅子さんを彷彿とさせます。
そのうえ、これも家庭環境の影響か、演歌が好きなのだそうです! アイマスのキャラの中に演歌好きな子がいたこと自体、驚きです。Σ(゚Д゚)
P(プロデューサー=推しのアイドルを育成する、ゲームのプレイヤー)の皆さんの間では「お嬢」という愛称で呼ばれているようです。
ちなみに私は「お嬢」と聞くと銀次さんを思い出します。

知識のない筆者にとって意外だったのは、デレマスには、ゲームの中でキャラクターとして登場していながら、まだ声のない(声優が決まっていない)キャラがたくさんいる、ということ。
定期的に行われる総選挙(人気投票)によって、上位になったキャラは声優が付くことが決まり、声優が決まってボイスが実装され、ゲーム内で音声を伴ったドラマ部分や、その子のためのソロ曲が作られるようです。

村上巴さんの声を、声優・花井美春さんが担当することが発表されたのが、10月末。

・所属事務所・IAMエージェンシーの花井美春プロフィール

・花井美春 – Wikipedia

花井美春さんは20歳の新人声優で、北海道出身。民謡を学んでいたそうで、プロフィールにはさまざまな大会で上位入賞している経歴が記されており、民謡の実力は折り紙付きのようです。

民謡と演歌の歌い方は同じではないものの、似た部分もあります。実際、演歌歌手にもかつて民謡を学んでいた人は多く、その発声法をいかした曲を歌ったり、ステージで民謡を披露したりといったことがよくあります。
「おんなの道は星の道」がどんな演歌に仕上がっているのか、そして村上巴さん(花井美春さん)がどんな歌声を聴かせてくれるのか、楽しみです。
 
 

演歌好きならではの「作家の呼び方」がある

ところで。
演歌の世界の慣習として、作詞家・作曲家・編曲家(これらを「作家」と総称します)の人たちを「○○先生」と敬称を付けて呼ぶ、というのがあります。
歌手たちはもちろんのこと(※自分への楽曲提供の有無は関係ありません)、演歌関連の仕事をしているレコード会社やプロダクション、放送関係、出版社の人間は皆、普通の会話の中で「先生」と使います。それは「間接的にお世話になっている」「いい曲を書いてらっしゃる」という感覚が実感としてあるからです。

なので、日常会話の中で、ごく自然に「へー、今度の誰々の新曲、○○先生なんだ」とサラッと言えるようになったら、演歌ファンの第一歩です(笑)。

もちろん、無理に「先生」を付ける必要はありません。政治家に媚びて「先生」と呼ぶようで、何だかイヤだな…と思うかもしれませんし、一般の方は「さん」付けで構わないと思います。歌番組の中でアナウンサーが呼びかける場合も「さん」付けが普通です。

でも、もし「有名なアノ曲を書いた人なのか…!」とか「プロの作曲家って、やっぱりすげえ…!」と思うことがあったら、その時はぜひ敬意を込めて「先生」と呼んであげてください。
例えば、あなたが好きな漫画の作者は、自然と「先生」を付けて呼ぶことがありますよね? それと同じような感覚です。

今回の弦哲也氏起用のニュースを受けて、デレマスのファンである絵描きさんが描かれた漫画。
それぞれ違う方が描いたもので、もちろん公式なものではありませんが、上の漫画ではP(プロデューサー)が「弦哲也さん」と言っているのに対し、下の漫画では、村上巴さんはきちんと「弦哲也先生」と言っており、図らずも演歌に対する思い入れの強さが明確になった形です。さすがお嬢。
弦哲也氏のネームバリューの重さを理解していると同時に、演歌界の礼儀を既に心得ているのですね。まだ13歳なのに(笑)。
普段はツンデレで姉御肌な口調でしゃべっているからこそ、敬意をストレートに表しているのが珍しく、彼女が演歌が本当に好きであることが分かる、的確な描写ではないでしょうか。(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

(追記)
この経緯について、日本コロムビアのプロデューサーにインタビューした記事を
「ねとらぼエンタ」に掲載していただきましたので、ご覧ください。

関連記事

最近の投稿

houkoudouのツイート

ページ上部へ戻る