森山愛子 新曲「尾曳の渡し」歌の舞台・館林市で発表会

尾曳の渡し/森山愛子

・闘魂の歌姫・森山愛子、初の紅白「たどり着きたい」 日刊スポーツ

・森山愛子ブログ
「感謝感動の1日。」(2019/07/15)
「ビバリー昼ズ。」(2019/07/16)

新曲「尾曳の渡し」の歌の舞台である、群馬県館林市・三の丸芸術ホールで、新曲発表会を開催。発売以来、現地で初めて歌うことができたようです。ブログの写真からは、ヒットを期待する地元・館林市の皆さんの熱気が伝わってきます。
「尾曳の渡し」を手掛けた、作詞家・麻こよみ氏と、作曲家・水森英夫氏も応援に。水森氏のギター伴奏による、歌唱レッスンコーナーも。

「尾曳の渡し」は、森山愛子にとって自身初(意外!)となる、オリコン演歌・歌謡曲ランキング1位を獲得(5/20付)。前作「会津追分」のロングヒットが効いて、その流れを受け継ぐ重厚な曲調&ご当地ソングということで好調なスタートを切っています。

日刊スポーツだけが、現地に取材に行ってくれたんでしょうか。ありがたいことです。(^^)

尾曳の渡し/森山愛子「尾曳の渡し」森山愛子

関連記事

ページ上部へ戻る