2020年の紅白歌合戦出場者発表はいつ?過去16年の発表日を振り返ってみる

NHK放送センター

紅白歌合戦の出場歌手発表は、いつ頃行われるものなのでしょうか? これまでの記録を振り返ってみましょう。

・第55回 2004年11月24日(水)
・第56回 2005年12月01日(木)
・第57回 2006年11月29日(水)
・第58回 2007年12月04日(火)
・第59回 2008年11月25日(火)
・第60回 2009年11月23日(月・祝)
・第61回 2010年11月24日(水)
・第62回 2011年11月30日(水)
・第63回 2012年11月26日(月)
・第64回 2013年11月25日(月)
・第65回 2014年11月26日(水)
・第66回 2015年11月26日(木)
・第67回 2016年11月24日(木)
・第68回 2017年11月16日(木)
・第69回 2018年11月14日(水)
・第70回 2019年11月14日(木)

今年も紅白歌合戦が話題になる季節がやってまいりました。
11月に入る頃から「紅白の発表まだ?」「出場者はいつ決まるの?」といった声をネット上で見かけるようになります。

上記の日付リストは、2004年から2019年まで、16年間の発表された日の記録です。2016年までは11月の最終週に発表されるのが恒例だったのですが、2017年以降は11月の半ばとなっています。
となると今年は、11月16日(月)から11月20日(金)の間でしょうか…?

新型コロナウイルス感染症が世界規模で広まり、飛沫感染を防ぐために“密を避ける”“ソーシャルディスタンスを保つ”が叫ばれるようになり、音楽のコンサートもままならなくなった2020年。紅白歌合戦も、史上初の無観客で行われることが既に発表されています。大人数によるダンスや合唱隊といった紅白の醍醐味となる演出も、密を避けるためにやれない可能性があります。NHKホール以外の場所からの中継や、録画が例年以上に多く取り入れられるかもしれません。

2020年12月31日放送予定の「第71回NHK紅白歌合戦」は、司会者が白組:大泉洋、紅組:二階堂ふみ、総合司会:内村光良・桑子真帆アナ と発表されました。

(追記)
結果として、2020年の出場者発表は11月16日(月)でした。月曜日に発表されたのは7年ぶりです。

・第71回 2020年11月16日(月)

関連記事

ページ上部へ戻る