AI女子高生りんなに、丘みどりが演歌の歌声を提供!?

丘みどり×りんな

・女子高生AIりんな“こぶし”をまわす。紅白出場の丘みどりが歌声を提供 (AV Watch)
・女子高生AIが初めて「こぶし」をまわす!?丘みどりさんがマイクロソフトの女子高生AI「りんな」に歌声を提供 (PR Times:nana music)

丘みどりさんは、イベントの課題曲「紙の鶴」の歌声のデータをりんなに提供。提供された声のデータをもとに、音声認識をかけ、発話のタイミング、音程、声の出し方など、丘みどりさんの歌唱の特徴に基づいたりんなの歌声を生成し、りんな公式nanaアカウントで歌声を披露します。

りんなとは…?

・りんな(人工知能)-Wikipedia

実際の歌声はこちら。
なぜか筆者のPCでは再生できないので、スマホから聴くのがよいと思います。
https://nana-music.com/sounds/049283b8/

うーん…。以前から「りんな」を知っていて、普段のしゃべり声を知っていれば、演歌を歌いこなしていることに感動するのかもしれませんが。
でもコレは、オリジナルの丘みどりの歌を、ただ「りんな」の声に置き換えただけにしか聞こえず、これがどんなにスゴイことなのか、実感できません。だったら丘みどりの歌を聴けばいいんじゃないの?と思ってしまいます。(・_・;

「紙の鶴」が発売されたばかりの新曲で、なじみが薄いことも要因でしょうか。AIとして丘みどりの歌い方を学習したのであれば、きっと他の有名な演歌を自由自在に歌うこともできると思うので、ぜひそれを聴いてみたいですね。

合成音声の発達は目覚ましいものがあり、今や複雑な調整(調教)をしなくても、ごく自然なしゃべりや歌が再現できるようになっているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る