counter

坂本冬美 恩師・猪俣公章氏の作品を熱唱 アルバム発売記念スペシャルライブ

ENKA3 偲歌/坂本冬美

・坂本冬美、マルシアからの香水で女子力アップ スポーツ報知
・坂本冬美 52歳“前夜祭”コンサート「元気で歌えることが何よりも幸せ」 スポニチ
・坂本冬美、バースデー公演でマルシアから香水贈られ「女子力アップ」 サンスポ
・坂本冬美、猪俣さん内弟子後輩マルシアとデュエット 日刊スポーツ
・坂本冬美 吉幾三と同じ男性用香水ようやく卒業「女子力アップした」 東スポ

東京・けやきホールにて。
坂本冬美の師匠である作曲家・猪俣公章氏の作品をカバーしたアルバム「ENKA III~偲歌~」を2018年12月にリリース。その購入者から抽選で招待したスペシャルライブ。けやきホールのキャパはわずか220席なので、そこで生バンド演奏で坂本冬美が歌ったというのはかなり貴重。短い時間とはいえ、当選したファンにとっては贅沢なライブになったようです。

デビュー前、共に厳しい内弟子生活を過ごした妹弟子であるマルシアも登場。アルバムの中でデュエットしている「大阪ラプソディー」を2人で披露しました。
マルシアは現在ミュージカル女優として大活躍中。ジャンルは違えど第一線で歌い続ける2人。マスコミの取材中にずっと手をつないでいたり、マルシアも坂本冬美のことを「私にとってゆりかごみたいな人」と言ったりと、深い信頼関係で結ばれていることがうかがえます。

「ENKA III~偲歌~」は、猪俣公章作品を大胆なアレンジでカバーしたもの。イントロを聴いただけでは、何の歌だからすぐに分からないものもあります。

ENKA3 偲歌/坂本冬美「ENKA III~偲歌~」坂本冬美

関連記事

houkoudouのツイート

ページ上部へ戻る