山本譲二 45周年記念曲発売記念ディナーショー開催 5月に大腸がん手術したことを告白

カメラと新聞

・山本譲二、大腸がんだった…ステージ2A、5月に手術 スポーツ報知
・山本譲二 大腸がん手術受けていた 腫瘍7センチ、ステージ2…腸閉塞併発 デイリースポーツ
・山本譲二、大腸がん克服 5月30日に大腸20センチ切除、再検査で転移なし デイリースポーツ
・山本譲二 大腸がん手術していた「命ある限り歌っていきたい」 スポニチ
・山本譲二、大腸がんの手術を受けていた「命のある限り歌い続けたい」 サンスポ
・山本譲二、大腸がん手術受けていた 45周年ディナーショーで告白 サンスポ
・山本譲二が大腸がん手術を受けていた ステージ2a 日刊スポーツ
・山本譲二がん告白「大腸20センチ切った」 転移なし「命ある限り歌う」 中日スポーツ
・山本譲二、45周年記念新曲イベントで大腸がん告白「命ある限り歌い続けたい」 オリコン
・山本譲二、大腸がん手術を告白「助かった」 日テレNEWS24

この日発売の45周年記念曲「人は旅人」の発売を記念したディナーショーを都内で開催。楽曲を提供した幾三も来場。
5月に腹痛を訴えて緊急入院し、大腸がんと診断され、そのまま手術。後日あらためて切除手術をしたそうです。それまでは体調が悪くなっても病院へ行かず、風邪薬を飲んで対応…とか、ちょっと信じられないです。
自分の健康状態に無関心過ぎるのではないでしょうか。家族やファンがいるのですから…。

(追記)
・「自分だけ大丈夫は駄目」杉良太郎、肝炎検査による早期発見訴え サンスポ
・原田悠里ブログ 「山本譲二さん」 (2019/09/13)

「昨年11月から異変は感じていたが、酒を飲んでいれば調子がよくなった」「風邪薬で対応」
「健康診断を受けたことが一度もなかった」など、なんかもう呆れるしかないです…。

関連記事

ページ上部へ戻る