中澤卓也 「DAM CHANNEL演歌」4代目MCに決定

北のたずね人(タイプE)/中澤卓也

・「DAM CHANNEL演歌」中澤卓也さんが男性初の4代目MCとして就任 (PR TIMES:第一興商)
・DAM CHANNEL演歌 四代目MCは「中澤卓也」に決定! (DAM CHANNELのサイト)

「DAM CHANNEL演歌」の4代目MCに、中澤卓也が就任することが発表されました。
10月6日(火)よりスタートするそうです。

「DAM CHANNEL演歌」は、カラオケルームで曲の合間に画面に流れる番組。2017年より「DAM CHANNEL」から演歌・歌謡に特化する形で独立しスタート。これまでの歴代MCは…

初代 川野夏美(日本クラウン)
2代目 岩佐美咲(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
3代目 瀬口侑希(日本クラウン)

第一興商グループであるレコード会社からMCが起用され、任期は1年というのが通例のようです。
これまで 日本クラウン → 徳間ジャパン → 日本クラウン と交互に担当歌手を出してきので、次は徳間ジャパンの歌手がMCをやるのかな?と思っていたら、日本クラウンの中澤卓也でした。
4代目にして、初の男性MCに。

中澤卓也は、レギュラーテレビ番組としては、チャンネル銀河でパク・ジュニョンと共にやっている「パクタクおたすけ隊」、またBS朝日の「人生、歌がある」も、西田ひかると共に司会を務めています。経験を積んでいるので、トーク力は申し分ないのではないでしょうか。

念のため説明。
カラオケボックスなどは、通常は「DAM CHANNEL」が流れており、そのままではいつまでたっても「DAM CHANNEL演歌」は流れません。演歌・歌謡曲を3~4曲、カラオケで続けて歌うと、機械が「あ、今この部屋で歌っている人は演歌好きなんだな」と判断して「DAM CHANNEL演歌」が流れるようになります。(※設置されている機械の設定によって異なります。いつも「~演歌」が流れているところもあるかも)

YouTubeでは、本編とは異なる映像で、一発芸をやってもらったり、出されたお題についてトークしてもらうといったショート映像が公開されています。これも面白い!
https://www.youtube.com/user/DAMmov1/videos

北のたずね人(タイプE)/中澤卓也「北のたずね人」タイプE/中澤卓也

関連記事

ページ上部へ戻る