中村仁美(旧:戸川よし乃)歌手引退を発表

涙岬/中村仁美

・中村仁美ブログ「仁美から大切なご報告です」(2021/02/05)

中村仁美が、歌手を引退するとの知らせ。2/5付の公式ブログで発表されました。
理由の一つとして、以前から体調を崩していたことを明かしています。体調不良が一時的なものなのか、それとも何か持病があったのか、詳しいことは分かりません。

中村仁美は、2012年に「戸川よし乃」の芸名でデビュー。近しいスタッフからは、デビュー前から親しみを込めて「パグちゃん」と呼ばれていました。「すずめは雀」「冬のすずめ」など、切ない曲調と哀感のある声をいかした「すずめシリーズ」で認知され、カラオケ愛好者からも人気に。北海道士幌町出身ということで、十勝を題材にしたシリーズもありました。

中村仁美(戸川よし乃)
(↑2017年4月撮影)
中村仁美(戸川よし乃)
(↑2019年3月撮影)

2018年から、松前ひろ子・三山ひろしのいるミイガンプロダクションに所属するとともに、本名である「中村仁美」に改名。何度か二人のステージにゲスト出演した他、2020年からスタートした事務所の公式YouTube「ミイガンチャンネル」でも共演していました。

「中村仁美」で検索すると、どうしても同姓同名の方の情報が圧倒的に多く、埋もれてしまうのが残念ではありました。改名後も2つの名前を併記することが多く、日本クラウンのサイトミイガンのサイトでの表記や、アメブロのtitleタグも「中村仁美(旧:戸川よし乃)」となっています。アメブロのURLはずっとtogawa-yoshinoのままでした。

ブログには、こう記してあります。

しかし
このコロナ禍で
自分と向き合う時間が多くなる中
歌の指導への道へ進みたいと
強く思うようになりこの2月をもって
歌い手を退く事を決意致しました

「仁美から大切なご報告です」より引用)

引退を表明した演歌歌手が、今後のことについて具体的にコメントするのは、少し珍しいのではないでしょうか。「歌の指導への道へ進みたい」とのことですが、これは彼女が小さい頃歌を学んだ元々の師匠が茅大介氏であり、上京してからは茅氏のご子息である人気編曲家・伊戸のりお氏と、その奥様である作詞家・円香乃氏に師事し、二人が一般向けの歌のレッスンやカラオケコンテスト等も長年続けているのを間近で見てきた中で、自分も指導者を目指すことを意識するようになったのだと思われます。

とても頑張り屋さんで、明るい人柄は今後も多くの人から愛されるでしょう。寂しいですが、約9年間の歌手の経験をいかして、第二の歌の道へ進んでも頑張ってほしいです。

・中村仁美が歌手を引退。今後は歌の指導者へ (オトカゼ)

涙岬/中村仁美「涙岬」中村仁美

関連記事

ページ上部へ戻る