徳永ゆうき、「演歌の乱」で歌った「Lemon」の反響を振り返る


・徳永ゆうきが語る、米津玄師「Lemon」カバーで感じた演歌の可能性「固定概念を覆していきたい」(リアルサウンド)

本番では緊張もあってかこぶしが少し入ってしまって。自分では「やってしまったな」と思っていたのですが、結果的に「こぶしが心地よい」という反応をたくさんいただき、ホッとしました。
インタビュー記事より引用)

演歌歌手にとってコブシとは、そこに入れようとして入れるものではなくて
無意識に、自然に、入るべき場所に入ってしまうものなのですね。
過去にインタビューする中で、何人かの演歌歌手からそういう話を聞いたことがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る